ピアワークサポーターズフォーラム

ラウンジ => 雑談 => : ちい January 25, 2011, 02:21:29 PM



: ハッタツ的エピソード 本読み編
: ちい January 25, 2011, 02:21:29 PM
中学校3年生の時、塾での出来事。

とある文章を皆で順に音読していく、という授業がありました。
自分の順番がまわってきた私は緊張しながらも音読をしました。
その文章の中に登場する女の子の名前が「なんか変やな~」と思いながらも読んでいると、
教室から、ちらほらクスクス笑いが…。

文章の中で何度かその変な名前が出てくるのですが、私の音読を聞いていて、いたたまれなくなった(であろう)隣に座っていた友人が私に教えてくれました。

それ「ヌヌ子ちゃうで、双子やで」と。

どうやら私は、双子という漢字を「ヌヌ子」と読んでいたようでした。
双という漢字は知っていたのですが、その時私の頭ではカタカナの「ヌヌ」と認識していたようです。

「双子」というフレーズを目にする時、たま~にその時のハッタツ的エピソードを思い出します。


Sorry, the copyright must be in the template.
Please notify this forum's administrator that this site is missing the copyright message for SMF so they can rectify the situation. Display of copyright is a legal requirement. For more information on this please visit the Simple Machines website.