ピアワークサポーターズフォーラム
10月 21, 2017, 07:16:08 午後 *
ようこそゲストさん。まずは、ログインするか、ユーザ登録してください。

ユーザ名、パスワード、クッキー保持期間を入力してログインして下さい。
お知らせ:
 
   ホーム   ヘルプ 検索 ログイン 登録  
ページ: [1]
  印刷  
投稿者 スレッド: ハッタツ的エピソード 本読み編  (参照数 2130 回)
ちい
初心者
*
投稿: 19


プロフィールを見る メール
« 投稿日: 1月 25, 2011, 02:21:29 午後 »

中学校3年生の時、塾での出来事。

とある文章を皆で順に音読していく、という授業がありました。
自分の順番がまわってきた私は緊張しながらも音読をしました。
その文章の中に登場する女の子の名前が「なんか変やな~」と思いながらも読んでいると、
教室から、ちらほらクスクス笑いが…。

文章の中で何度かその変な名前が出てくるのですが、私の音読を聞いていて、いたたまれなくなった(であろう)隣に座っていた友人が私に教えてくれました。

それ「ヌヌ子ちゃうで、双子やで」と。

どうやら私は、双子という漢字を「ヌヌ子」と読んでいたようでした。
双という漢字は知っていたのですが、その時私の頭ではカタカナの「ヌヌ」と認識していたようです。

「双子」というフレーズを目にする時、たま~にその時のハッタツ的エピソードを思い出します。
IP記録
ページ: [1]
  印刷  
 
ジャンプ先:  

Powered by MySQL Powered by PHP Powered by SMF 1.1.11 | SMF © 2006, Simple Machines LLC Valid XHTML 1.0! Valid CSS!